2017年5月25日 (木)

会津若松去り際の桜

会津若松の旅最終回(4回目)

会津若松から戻って1か月が過ぎた。4月25日撮影の鶴ヶ城。

(クリックで拡大します)

桜の花びらが舞い散る駐車場


9285


平日の午後ではあるが、相変わらず混雑していた。

(初日の日曜日の午後は車を停める場所がなく、諦めたのだった。)

9311




桜に囲まれた城を見るのは、たぶん初めて。







9316




お堀端






9363




4月23日(日曜日)のライトアップ




9003





会津若松は美しい所だった。

2017年5月19日 (金)

桜探し、会津美里町

会津若松の桜探し、三日目。

北海道の桜も終わり、藤の季節が終わり、花菖蒲の季節になろうとしていますが、

空気を読まず、相変わらずの桜の旅。すみませんm(_ _)m


当分は「桜探しの旅」がテーマですcherryblossom

会津若松市の隣、三里町の桜のちらしを見、道路地図をたよりにでかけた。



磐梯山

9261





宮川千本桜。500本の桜が宮川の両岸に植えられている。



桜並木を過ぎたところ。

磐梯山と雲と新緑が美しい。

9277



この近くにある「あやめ苑」の桜。

9224h







9229



回遊式の庭園になっている。

9239h





本来はあやめで有名な場所だが、桜も良かった。




伊佐須美神社の境内




9263h





薄墨桜が有名だが、花は終わっていた。






文殊院の境内に植えられている「文殊院知恵桜」と呼ばれる紅枝垂れ

 

9198h




樹高が高いのが特徴とか。






9213


規模は小さいけれど、雰囲気のあるお寺だった。

静かなたたずまいに、心が洗われた。

会津美里町も、至るところに桜が咲く美しい街だった。

小学校の校庭の桜は枝振りが見事だったし。

(会津若松市内も、桜の街だった)





会津若松の桜探しの旅、次回最終回は 「鶴ヶ城」

2017年5月11日 (木)

早春の桧原湖

レンタカーを借りての会津若松の旅。

二日目は、裏磐梯に足を延ばすことにした。

(写真はクリックで拡大します。)

途中、磐梯山がきれいに見える場所があり車を停めて撮影した。


9030




まずは桧原湖を目指したのだが、途中で道を間違え、1時間以上も回り道をしてしまったのだった(^^;

会津若松市内では、満開の桜があちこちに見られたが、

桧原湖の湖面にはまだ氷が残っていた。  (4月24日撮影)


9071








9046h



撮影に良い場所を見つけても、道が狭くて止める場所が見つからず、苦労した。

次に五色沼を目指した。








青緑色の毘沙門沼から磐梯山が眺められる。

9117t_2








9133



初めての道なので緊張したのだろうか、日差しが強かったせいだろうか、頭痛がしてきた。

また道に雪が残っており、撮影しながら全ての沼を歩くには時間が足りないと思い帰ることにした。






9158_2





途中、「道の駅猪苗代」に寄った時、観音寺川の満開の桜の写真を見つけた。地図を眺めると、すぐ近くだったので、行ってみた。



残念ながらまだ蕾だったけれど・・・


9175h



でも、すでにライトアップの用意がされ、食べ物屋のテントが張り巡らされ美味し
そうな匂いがしていた。

 

その後、猪苗代湖を横目で見ながら帰途についた。



宿はラジウムの人工温泉付きのビジネスホテル。

ドリップコーヒーが無料で飲め、バイキングの朝食が無料でつき、女性に優しいサービスが付いている宿だ。

レンタカーを借りて旅するときは、いつもこの系列のホテルに泊まることにしている。(天然温泉付きのホテルもある)

勝手がわかっているので、リラックスできる。

2017年5月 7日 (日)

桜を求めて会津若松へ

とても忙しかった。

風景を撮ろうという心のゆとりもなく・・・

でも、ほっと一息ついたとき、桜を撮りたいと思った。



会津若松まで高速バスで行き、そこでレンタカーを借り

気の向くままに車で移動した。

宿の近くで見つけた桜(写真はクリックで拡大します)

8981

 

夕陽を浴びて


8984





見上げれば青空




8965






8970






夜は鶴ヶ城まで足を延ばした





9012


4月23日撮影


長くお休みをしていましたが、ブログを再開します。

2017年1月22日 (日)

大晦日の江の島

 昨年の大みそか、夕暮れの富士山が見たくて江の島に行った。

空気が澄む年末年始は、江の島で富士山がきれいに見ることのできる時期。




江の島漁港(写真はクリックで拡大します)


8024




多くの人が浜辺で遊んでいた。富士山がうっすらと見える。



8043





日没後に、富士山がくっきりと見えてきた。

8096_2




あたりが暗くなるまで待ってみる。




8155



夕焼けが素晴らしかった。

8115




シーキャンドルも写してみる。



8140

 




このころになると、桟橋に残っていたのは富士山を熱心に写していたカメラマンさんと二人だけ(だと思っていたが・・・)

そのカメラマンさんが帰るときに、大声で「良いお年を」と声をかけてくれた。

「よいお年を」と返事をしつつ、何故あんなに大声で?と思いながらふと後ろを振り返ると、

不審な格好でうずくまっている人物がいた coldsweats02

ついさっきまではいなかったはずなのに。

慌てて桟橋をあとにしたbearing

もしかして、不審な人物がいると知らせてくれたのかも。


1月6日の朝の富士山。くっきりと見える。

8489h





2017年1月14日 (土)

江の島のチューリップ

江の島のウインターチューリップが満開だというので行ってみた。

リンファンダーマーク  (画像はクリックで拡大します)

 

8556



水遣りの時間だったので、どの花にも水滴がくっついていた。

8568




フレミングフラッグ



8640




本当は黄色いチューリップなのだけれど、一筋だけ深紅色の混じった花があった。



8617





とても良い天気。

江の島のヨットハーバーと鎌倉・稲村ケ崎方面)


8697




小さな横丁を見つけたので入ってみた。

しばらく歩いていくと、小さな浜辺に出た。


8739



丹沢の山々もきれいに見えた。



8713




近くに漁師さんが経営している食堂があり、おいしいお刺身と海藻料理を頂いてきたhappy01

 

1月6日撮影。チューリップはマクロレンズ。水滴を撮るのが難しかったcoldsweats02

2017年1月 7日 (土)

ロウバイが咲いていた

ブログ仲間のくーまんさんのブログに、ロウバイがアップされていました。

早いですね、びっくりしました。

山で咲いているのなら、平地ではどうだろうと・・・




散歩道で探してみました
happy01

咲いてましたよ~    (画像はクリックで拡大します)



8395



甘い香り
confident

8410




通りすがりの人が

 

「あら~ロウバイ咲いてるんですか? 早いですねえ!」

 

と、何人もそばに来て、花を眺めていく。

8418





咲き始めだから、お花が新鮮。


ロウバイの樹の下に咲いていたお花






8427t




紫陽花の葉





8436



久しぶりのマクロレンズは難しかった。

距離感がつかめないsweat01

2017年1月 2日 (月)

久しぶりの富士山

新年あけましておめでとうございます。

昨年の8月以来の写真撮影です(^^;




2016年度は思いのほか忙しく過ごしております。

でも、富士山は正月頃が一番美しいと思い、日の出と日の入り時刻は、

富士山と過ごしてみました(◎´∀`)ノ



画像はクリックで拡大します。

2017年元旦、横浜の日の出は6:50



8220





雲一つなく風もない、穏やかな朝

富士見の丘には予想外のカメラマンの姿と、紅富士を見に来た人々で賑わっていた。


8203



横浜の日の入りは16:39




8254





太陽は箱根の方に沈むので、富士山の周りはあまり赤く染まらない。


8283






上空には三日月と金星が




8300





空は、日没後30分後にもっとも赤くなった。

長く連なる電車の灯り



8342





カメラをしまい帰るときには、最後の一人になっていたcoldsweats02

いつかここで星を撮って見たいものだといつも思う。

今年も宜しくお願いします。

2016年9月18日 (日)

知床空中散歩

知床の旅の続き・・・・・・・




羅臼でのくじらウオッチングの後、知床峠に向かった。

羅臼岳 (クリックで拡大します)


0402m



雲の流れが早く、2分後にはすっきりと見えるようになってきた。




04062m_2



知床峠から見た国後島


0394th







国後島は、知床半島より広い。


0391






わずかな滞在時間の後、オシンコシンの滝に向かった。

もう日没が近づいている。(車窓から見る夕景)


0420





日没寸前に、オシンコシンの滝に到着した。

ここで携帯用小型三脚を初めて使用。時間は20分しかない。




0438m_2



シャッター速度0.6秒  F13  ISO 100





相次ぐ台風のため、水量が多かった。



翌日はヘリコプターで12分の空中散歩。

0452





知床半島の先端方面




0483m


知床五湖
(矢印↓の方向)

湖が5つ見えますか?

0486

空中散歩のあとは女満別空港へバスは走った。






0534


女満別空港は晴れていた。

0559


けれども翌日からはまた雨になったそうだ。

知床の旅三日間の好天気は、本当に運が良かった。

このような運に再び巡り会えるのだろうか?



8月23日飛行機の中で(旅行初日)

茶色に染まった川の水がオホーツク海に注ぐ

9790

実は来週は泊まりがけの出張が控えている。

けれども9月18日現在の天気予報では、

台風16号と一緒に行動することになりそうだΣ( ̄ロ ̄lll)

台風よどうか消えて欲しい(。>0<。)


知床の旅、これで終わります。お付き合いくださり、ありがとうございました。

2016年9月11日 (日)

知床東半島クルーズ

知床五湖の2つの湖を見た後、半島を横断して羅臼に向かった。

羅臼の町から国後島を臨む。

(写真はクリックで拡大)



0115m





ここから船に乗り、150分のクルーズを楽しむ。





0131m




羅臼の港を後にして、国後島や知床の山並みを眺めながらクルーズを楽しむ。

船にはドイツから来たご家族も。


0203





クジラはよほど運がよくないとダメだろうと思っていたが・・・

まっこうくじらが潮を吹くのに出会えた!





0264






しばらく泳いだ後、海に潜っていった。





0278_2






0281





0283




0284





0298_2






クジラがいた海面には、楕円形の面ができていた。

(写真の↑に注目してください。)



0301





後ろに見えるのは国後島。ずいぶん近い。




イルカのジャンプ



0358




マッコウクジラもイルカも、トリミングしています。

望遠レンズをつけている時間がなかったweep



0321




船の中で、まっこうくじらの歯をみせてもらった。

青い海、青い空、そしてクジラ。

素晴らしいクルージングだった。

まだ続きますm(_ _)m

«知床五湖

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ