« 白谷雲水峡① | トップページ | 苔むす森・白谷雲水峡③ »

2013年7月15日 (月)

ヤクシカに出会う・白谷雲水峡②

屋久島の宮ヶ浦の夜が明ける・・・午前5時過ぎ。

お宿はオーシャンビュー。徒歩5分で海岸へ。

7424


レンタカーで白谷雲水峡へ向かう途中。晴れていて雲と青空がきれいだった。

7440


午前9時前には駐車場へ着いたが、狭い駐車場の残りは1台分。

ぎりぎりセーフだった。標高約600m

入口にある白妙の滝

7446



そばには小さな木の芽が

7460


上流には「飛流落とし」と呼ばれる急な渓流がある。

7476

さつき吊り橋を渡り、

渓流沿いの苔の美しい登山道を歩く。

樹木には苔がびっしり。

7567


そして、ヤクシカに出会った。日本の鹿の中では小柄。

7597


リュックをおろし、カメラを取り出してレンズをはめているうちに、

遠くへ行ってしまった・・・(^^;

初心者用とはいえ、登山道。カメラをぶら下げて歩くのは怖い。

屋久島シリーズ④

« 白谷雲水峡① | トップページ | 苔むす森・白谷雲水峡③ »

」カテゴリの記事

コメント

山道で、カメラを首から下げて歩くのは、危険ですよねwobbly
(転倒時に、破損する危険がありますし)

自分も、乗鞍岳の通いなれた場所なのに、石に躓いて、カメラごと、吹っ飛んだ事がありますwobbly
(カメラには、異常はありませんでした)

R.Ptarmiganさん
こんにちは。
>石に躓いて、カメラごと、吹っ飛んだ事があります
って・・・カメラが無事なのはいいけれど、怪我しませんでしたかあΣ( ̄ロ ̄lll)
久しぶりの登山道だったし、狭いところもあり、登りはじめは怖かったです(^^;

こんにちは。
屋久島シリーズ、こちらも旅しているような気分で
楽しく拝見しています(^^♪
ヤクシカは急斜面でも平気なのですね。

ケイコさん
こんにちは。
私も、旅を思い出すつもりで写真を載せます^^
ヤクシカとは2か所で出会いましたが、ここは急斜面でしたね。
楽々と歩いていきました♪
2頭いたのですけれど、1頭は撮りそこねました(^^;

こんばんは。
屋久島シリーズ、面白いです。
ヤクシカは苔を食べているのでしょうか?
これも珍しい風景です。

こんばんは。
今日も美しいですね。
青空、渓流、苔、木の芽、ヤクシカ、素敵です。
ちなみにバンビのような斑点があるのは、
子鹿なのでしょうか。(^^)

nanさん
こんばんは。
>ヤクシカは苔を食べているのでしょうか?
写真で見ると、そのようにも見えますね。
でも、この眼では確認していないのです(^^;
ヤクシカを見つける→リュックおろす→
リュックからカメラ出す→レンズはめる→ピンボケ写真だT△T→あれ、鹿消えた!!
というわけで・・・

morimoridxさん
こんばんは。
樹や苔に陽が差すと、キラキラと輝いて、別の風景のようになりました^^
雨が多いと言われる島ですが、晴れてラッキーだったと思います。
このヤクシカは斑点があるので子鹿なのでしょうね。言われて気がつきました。
もう1頭は母鹿だったかもです。
でも、↑のコメントでお分かりのように・・・確認しておりません(^^;

こんにちは☆

お出かけは屋久島でしたか‥う~む、いいですね。
聴けば土ではなく岩の上にしがみつくように大木が森を形成しているとのことですが、一般の常識とは異なる光景なんでしょうね。
そんな足元が危うい所は首から下げるのはコンデジで、他はリュックに入れてます。

下の滝ですが、結構大きいようですね。
自分も滝を撮りますが写真だとなかなか大きさが伝わないことが多々ありで、それが難しいんだよなぁ‥。

M.Hermitageさん
こんにちは。
天候によっては飛行機が飛ばないこともあり、
前日まで、行けるのかなあ~と危ぶんでおりました。
小さな島の中に、いろいろな風景がぎゅ~っと詰まってましたね。
「飛流落とし」は規模がとても大きくて、
どうやって写してよいのやら (;´д`)  ま、雰囲気だけ感じて頂ければ・・・ 
「ヤクザル」か「ヤクシカ」でもいれば面白かったでしょうね (゚ー゚)

ナルコユリさんへ

自然が一杯で良いですね!

渓流の岩の上とかの苔は結構滑りますので、注意が必要ですね!

以前、渓流釣りで岩苔に足を滑らせ、沢に墜ちて死にそうになりましたshock
気をつけて散策されて下さい。

特に、シャッターチャンスを狙いすぎて、足下に注意がいかない時が用心ですhappy01

OJINさん
こんばんは。
>以前、渓流釣りで岩苔に足を滑らせ、沢に墜ちて死にそうになりました
そうだったのですか。危なかったですね w(゚o゚)w
登山道は細い道もありますし、気を付けねばなりませんね。
>シャッターチャンスを狙いすぎて
そうなのです。後ろをみないでバックすることがあって・・・
「周りをよく見てから移動しよう!!」・・・肝に銘じます(^^)

こんばんはー
やっぱり屋久島はいいですね~♪
2枚目なんかは大気の流れがわかるような透き通った青空ですね!
ところでナルコユリさんは苔とるのがとてもお上手で関心してます@@
やはりマニュアル操作で撮られてるんでしょうか。
私は使い方わからなくてもっぱらオートですが、
対象をまず認識してくれなくて、苔はどうもNGが多いです(^^ゞ
あ、お山や渓流での写真は身の回り注意! 猛烈同感です(◎´∀`)ノ

くーまんさん
おはようございます。
>大気の流れがわかるような透き通った青空ですね!
そうなんです。青空を撮ると、色や透き通りが関東と異なりますね♪


>やはりマニュアル操作で撮られてるんでしょうか。
使い始めた頃はオート→それからマニュアル→今はAVモードが多いです。
AVモード(絞り・ISO感度・補正指定で、シャッタースピード自動))


苔のアップは、100ミリマクロレンズで撮ってます。
まずはポイントになる、被写体を決めます。
例えば周りに苔より目立つものが無い所、少し背が高い苔とか、高い位置にあるとか、
少数の苔が独立している場面場所を探します。


オートでも、撮りやすいポイントがあれば、大丈夫だと思います。
(オートのマクロモードを使われてましたよね)
ぜひ、素敵なお山の苔をアップしてくださいね^^

野生動物に出会うのは、自然が残ってるからなんでしょうね。
鹿さんかわいい~!
カメラを首から提げて転んだことあります^^;
カメラをかばって手をおもいっきり打ちました。。 その後手がグローブのように腫れ上がり不便しました。。
濡れた地面だったので、それからは要注意です^^

空の青さは、こちらと違いますねー。
いろいろな発見が楽しそうです♪

舞さん
こんにちは。
>カメラをかばって手をおもいっきり打ちました。
皆さん、わが身よりはカメラをかばわれてるのですね( ̄▽ ̄;
さぞご不便でしたでしょう。
私、撮影時以外でも危ないと思うことがあって・・・
年と共に反射神経が鈍っているのを感じます(ノ_-。)
ヤクシカに出合うとは想像してませんでしたから、
かなり慌てました^^
あっでも、まずは足場を確保してしゃがんでから、レンズを準備しましたよ。

こんばんは。
屋久島シリーズ、いいですね。
一度は行ってみたいところなんです。(まだ実現してませんが……)
広くて青い空そして苔むした山にヤクシカ、いいもの見せて頂きました。
今度は自分で撮ってみたいです。

ソングバードさん
こんばんは。
コメントありがとうございますm(_ _)m
屋久島は雨の多い所だそうで、晴れ間がたくさん見られたのは幸運でした。
私の同行者が昨年6月に行った時は、長靴が便利だったそうです。
つまり・・・昨年は青い空を見ることができなかったと。
小さな島なのに、変化に富む風景で、撮影ポイントが満載なのがうれしかったです。

いつかソングバードさんのブログで「屋久島」が見られますようにヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白谷雲水峡① | トップページ | 苔むす森・白谷雲水峡③ »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ