« 鹿の子百合・天王森泉館 | トップページ | 難を逃れた、カブトムシ »

2013年8月 4日 (日)

オニヤンマの災難

天王森泉公園で久しぶりにオニヤンマを見た。

8460


2匹のオニヤンマが体を垂直にし、尾の先を浅い池に、何度も突き立てていた。

その動作はとても素早い。産卵しているらしい・・・

アメンボも住む、浅い池だ。

アメンボの黒い影が映る(クリックで拡大)

8552

産卵はとても素早いが、先日、ザリガニに尾をつかまれ、池に引きずり込まれ、

のまま食べられてしまったオニヤンマがいたそうな w(゚o゚)w

もしかして、このざりがにが犯人か???ひっそりと隠れていた。

8505

葉っぱの上で、ゆらゆら流されていくアメンボ2匹。

8557

この池には、ほたるの餌になるカワニナが住み、

6月はほたるの乱舞が見られる。

そばに咲いていた「フシグロセンノウ」自生ではない。

8345

« 鹿の子百合・天王森泉館 | トップページ | 難を逃れた、カブトムシ »

横浜散歩」カテゴリの記事

コメント

トンボは種類によって、産卵方法が異なりますからねhappy01

・オニヤンマのように、地面に突き刺す
・打水産卵 → お尻を水面に叩きつけて、産卵
・空中から、卵を水面に散布する
・水中に潜って、水草の茎に刺して産む

興味深い話を聞かせて頂き、勉強になりましたconfident

今晩は!

天王森泉公園って横浜市にあるんですよね?

町中で、ホタルが見えるのですか?

それともビオトープ化された環境で人工的に作られた場所なんですか?

R.Ptarmiganさん
こんばんは。
残酷な話かなと、ブログにアップしてから考え込んだのですが・・・
話を聞かせていただいた、天王森泉公園の管理人さんが、
「自然界のことだから、仕方がない」とおっしゃってました。
そのあとで、「池にはさわがにやカワニナもいますから観察してください」と
それで、カメラを構えながら観察してました^^
画像をアップにすると、カワニナも写ってます。

OJINさん
こんばんは。
横浜市ではありますが、水田地帯であり、昔は生糸生産地域でありました。
昔ながらの広い雑木林や湧水池が保護されています ^^

また横浜市内では、大きな樹木・池・水田のある公園では、
ほたる保護のために環境が守られていて、随所でほたるが見られます(^^)


こんばんは。
まるで昆虫のドキュメンタリー番組を見ているような構成ですね。
感心しました。
アメンボの影を捉えた写真って珍しいと思います。
オリジナリティがあってイイですね。

nanさん
こんばんは。
アメンボが上手に写せなくて・・・苦肉の策といいましょうか(^^;
とても浅く澄んだ池でしたので、池の底に影が映ったのでしょうね。

こんばんは。
かがやくオニヤンマ、池底に映るアメンボの影。イイですね。
葉っぱの上のアメンボ、流されていったのですか。@@
カワニナ、見えます。子供の頃は、家の前の川にもいたのですが、
今はいません。久しぶりですね。
フシグロセンノウは、淡い色できれいな花ですね。(^^)

morimoridxさん
こんばんは。
アメンボは最初、葉につかまって流されていくと思ったのですが・・・
偶然、葉の上を泳いでいただけでした(^^;
あっという間にどこかへ行ってしまいました。
カワニナは4枚目にも写っています。
ほたるの幼虫は、これを食べるんですねえΣ( ̄ロ ̄lll)

お早うございます!
鬼ヤンマ! アメンボウ!
凄い! 葉っぱの上!
観察の凄さに 驚きました!
色も 綺麗ですね!
ちなみに カメラは
何をお使いですか? 

pekoさん
こんにちは。
涼しくて、人の少ない池のそばで、ぼ~っと水面を眺めてました(^^;
カメラは、キャノンの、一眼レフ・EOSkiss3 です。


この時に使ったレンズは、キャノンの55mm~250mmズームで、
中望遠といわれるものです。
カメラは1台しかないのですが、レンズは「キャノン18ミリメートル~55mmズーム」と、
「キャノン100mmマクロレンズ」を持っています。
このカメラはとても軽く、操作も初心者向きで、気に入ってます。
コンパクトカメラは持っていません(^^;

こんばんは。
弱肉強食の世界なのに、ゆっくり時間が流れてるように感じます♪
昆虫番組を観てるみたい。
アメンボの影も、葉っぱに乗ってるのも面白いですね^^
以前小学生がザリガニ釣りをしていたのを思い出しました。
さきいかで釣れるんですって^^

舞さん
こんばんは。
さきいかでザリガニ釣り・・・懐かしいですね^^
以前は近所の子達が、かごにあふれるほどのザリガニを採ってきました。
今は見かけませんねえ。
真夏は花が少なく、暑く、撮影する気持ちが今一つだったのですが、
昆虫は種類も豊富で、面白い被写体でした。動くので難しいのですが(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿の子百合・天王森泉館 | トップページ | 難を逃れた、カブトムシ »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ