« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

滝を撮る

撮影バス旅行シリーズ2

滝は撮りたいが、自分ではなかなか行けないので、撮影バス旅行に参加する。

長野県蓼科市にある、「蓼科大滝」 


狭い場所で、撮影場所を確保するのが難しかった。

(クリックで拡大)


3703h






自分としては、暗い感じが好みなのかなとも思う。

2枚目はトリミングしています。





3696t_1_3





今までの、文書写真兼用4色プリンターが壊れたのをきっかけに、

写真用のキャノンの文書・写真兼用6色プリンターを購入し、

L版の写真用紙にプリントして、楽しんでいる。

パソコンの画面と印刷では、やはり印象が異なるなあと思う。

プリンターの扱いに慣れなければとも思うが・・・難しいcoldsweats02




3716_2





実際はこのような所にあります。


3671


MF、マニュアル撮影  8月12日

ああ月末、夏が過ぎ仕事がまた忙しくなるweep

2015年8月25日 (火)

苔の森

8月中旬、一泊で撮影バス旅行(長野県)に行きました。

ゆっくり更新ではありますが、シリーズでお届けします。



白駒の池は、標高2100m以上の湖としては、日本最大の天然湖です。


その周りには、日本の貴重な苔の森と呼ばれる「白駒の森」があります。

(写真は全てクリックで拡大します)



白駒の池



4281h


雨時々曇り。時々日が差す程度

白駒の森は原生林の森







4306h




薄日がさしたわずかの間の玉ボケ


4198



小型三脚を使い、マニュアル・MFで撮影した。最初は絞り優先モードで撮って

いたが、このような条件の被写体では難しいと分かった。




木の根元が面白い。


4310h2





苔と原生林、何をポイントにしたらいいのか分からず、苦労した。


8月13日撮影

2015年8月21日 (金)

みくりが池付近の夕暮れ

北陸の旅シリーズ4(最終章)


写真は全てクリックで拡大します。

みくりが池温泉から地獄谷を見下ろす。ここは火山ガスの噴出が広がり、

現在は立ち入り禁止になっている。

3206h





夕陽はこのあたりに沈むのだが、

日没時は霧がたちこめ、撮影することは叶わなかった。

反対方向は青空が見えているのに・・・

3278





一の越から雄山まで、きれいに見える。

夕陽に輝く「カンチコウゾリナ」

3180




翌朝はみくりが池の朝陽を撮り、

みくりが池の朝陽はこちら

少しだけ撮影して・・・(室堂から)

3492





朝早いうちに黒部ダムに向かった。

3525



反対側から





3537

この日も暑く、草々に退散し大町温泉に泊まり、帰宅の途についた。




大糸線からの車窓


3649




おまけ



室堂山荘に迫る霧 

このあと、室堂山荘の一帯は霧に隠れた。






3200h








北陸の旅シリーズ、終わります。お付き合いくださり、ありがとうございましたhappy01

 

2015年8月14日 (金)

夏・弥陀ヶ原

北陸の旅シリーズ「3」

高岡から富山へは「愛の風とやま鉄道」を利用した。

 

以前は「北陸線」の一部であったが、北陸新幹線開通に伴い第3セクター方式と

なった。

富山湾の海が見え、立山連峰の山並みが眺められる風光明媚な沿線であり、

子どもの頃から親しんできた。


この日の宿泊地「みくりが池温泉」にいくために、
富山駅で乗り換え、

電鉄富山駅から立山駅まで行った。



(写真は全て、クリックすると拡大します。)

2955t2h




緑とオレンジの富山電鉄線




立山町から室堂いきの ケーブル・バスの乗車券を買い、

弥陀ヶ原で途中下車した。


2970h



標高2000mに広がる湿原で、2012年ラムサール条約湿原に登録された。




ワタスゲと餓鬼田(池塘)



3016



この水たまりが餓鬼田(池塘)




3002



弥陀ヶ原からバスに乗り、標高2400mの室堂に向かい、みくりが池に到着。

午後4時頃の「みくりが池」


3118




立山連峰が池に写りこんでいた。



ここで出合ったヤマハハコ




3168



みくりが池温泉は日本1の高所にある温泉。山小屋ではあるが食事もおいしい。

この宿に泊まり、満点の星を眺めることになった。

続く・・・

2015年8月 9日 (日)

故郷の夏2015

北陸の旅シリーズ2


北陸新幹線には初めて乗った。

車内は快適ではあったが、一抹の寂しさも感じていた。




今までなじんでいた「特急はくたか」の車窓とは全く異なるし、

いくつかの特急が姿を消し、北陸線の名称が変わった。

新幹線の止まらない富山県の高岡駅はどうなるのだろう・・・・・

という心配もあった。

でも行ってみると・・・・駅は新しく明るくなったし、手作りの装飾が心を和ませた。




2952





高岡は昔からの城下町で、見どころも多いし、伝統産業もある。

路面電車もあるし、魅力ある街並みを作り上げてくれることだろう。





2943






帰省するといつも寄ることにしている舟戸ダム。








2929






画面右側には鮎用の通路がある。


2913_2




この地方は鮎が名物で、今回も3500円の鮎ご膳を皆と頂いた。

庄川の清流   鮎つりをしている人を見かけた。

2931





ダム湖の周遊路で見かけたセミの抜け殻

2883h




バタバタして写真はあまり撮れなかったし、
何故かピンボケ写真多数  

ブランクが長かったか・・・・・花の撮り方も忘れてしまっていたsweat01

2015年・故郷の夏

2015年8月 6日 (木)

みくりが池の朝陽

8月5日、朝4時半に宿を出た。朝日が昇るのはどこだろう?と

撮影ポイントを探しながら、試し撮りをしながら過ごした。



剣岳の辺りが赤く染まり始めている。でも、あそこではない。


3322





日の出の時刻は4時58分。でも、山の場合は1時間ほど遅れるそうだ。

やがて、午前6時少し前・・・・・・


3388_2





しばらくして、みくりが池にも太陽が写った。


3429





ここで見守っているのは私と、名古屋から来たというアマチュアカメラマンさんだけ。
景色を独り占めしている気分happy02

剣岳が少しだけ見える。ここでは全容はみられない。

(ゴジラの背中のようなぎざぎざ)


3438





前の晩は相部屋に泊まった。6人で満室、一人分のスペースは布団1枚分。 

カーテンで仕切られているが、暑くて寝られなかったので涼みに外へ出た。 

外は満天の星。天の川も見えた。

富山県、立山登山の入り口「室堂(2450m)」にあるみくりが池近辺にて。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ