« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

隅田川の船の光跡

                      (知床旅行の記事の続きは次回に・・・)

8月27日に、船の光跡の撮り方の講座に参加した。

NDフィルターを使い、露光時間を60秒以上で撮り、船の光跡を長く写す。

F値は基本11にする。

条件によっては多少変える。

実習は隅田川の橋にて。(写真はクリックで拡大)


天気は曇り

8019nd8
TV100秒   F11   ISO 200    ND8使用



曇り

8021nd8
TV100秒   F11   ISO  200      ND8使用




注意することは、明るめに撮ること。

ちょうどいいかなと思ったら、下のように画像が暗くなる。

目が暗がりに慣れているので、暗くても明るく見えてしまうのだ。

天気は小雨

8004nd32h
TV85秒   F8       ISO100    ND32使用




ホワイトバランスは白熱球か蛍光灯に設定した。

ピクチャースタイルはスタンダードか風景に設定した。



明るいうちはND32を使い、暗くなってからND8を使った。

ND4であれば、ISO 100にできたのだが・・・・






天気は小雨

8006nd8
TV90秒    F11     ISO 100   ND8使用。





この写真を大きくすると水滴がうっすらと写っているのが分かる。

水滴はND32の時は目立たなかったが、ND8では目立った。





ここからは独り言です  
(*_ _)人ゴメンナサイ coldsweats02

(自分の覚書です)

撮った写真を比べてみた。


ピクチャースタイルを風景にすると青っぽくなり、スタンダードにすると赤っぽくなるかと思ったが、必ずそうなるわけではなかった。

ホワイトバランスを電球にすると赤っぽくなり、白熱球にすると青っぽくなるかと思ったが、そうでもない。

組合せによって、またシャッター速度によっても変わるようだ。




結論・・・・・色々試してみて、液晶画面を確かめながら撮るしかないcoldsweats01

気に入ったものを、L版の写真用紙に印刷してみたが、手持ちのプリンターでは赤みが強く、暗めに印刷されることもわかった。

2016年8月28日 (日)

台風一過の知床の旅

8月23日(火)午後、台風が駆け抜けたばかりの、北海道女満別空港(北海道網走郡)に向けて出発した。

台風が通り過ぎていったばかりの女満別空港。

北海道に滞在中の三日間は、晴れの日が続いた。






9804_2





でも、続けて3度も見舞われた台風の爪痕
は、いたるところで見られた。

土砂で茶色く濁ったオホーツクの海・あふれかけた湖など。

これほどひどい状況は初めてだと、バスのガイドさんがおっしゃってた。

バスの車窓からの風景

(写真はクリックで拡大)

9807t







北海道のブロ友、nanさんの写真で知り、いつか見たいと思っていた刈り取られていた牧草の風景。

1日目は、斜里駅の真ん前のホテル。早朝の斜里岳の麓には雲海が。


9890_2



日の出の頃は曇っていて、朝焼けは撮れなかった。

オジロワシの像







9872_2



今回は、世界遺産知床五湖などを巡る旅。

ツアーで参加した(撮影旅行ではない)


0510t





2日目はネイチャーガイドさんの案内で、

開拓跡地の若い森林や原生林・植物や鳥などを観察しながら歩く。





9926_2




きのこも数種類みかけた。





9966





「男の涙」(湯の花の滝)

ここは陸路からは、そばには行かれない。

9947







9935_2





このあと知床5湖(
台風でのため道が破損していて、2湖のみ)

羅臼でのくじらウオッチング ・オシンコシンの滝を見てまわった。





この日、夜の動物観察に出かけたが、140数羽しか生存が確認されていない

シマフクロウに出会うことができた。

また、空気が澄み天の川や様々な星座を見ることができた。

 

次回は隅田川の夜景の予定です。




知床旅行の続きは、写真を整理しながらゆっくりとm(_ _)m

2016年8月20日 (土)

夏・能登さくら駅

奥能登シリーズ最終回

(写真はクリックで拡大)





輪島港の朝焼け



9572hm





・・・・・・・また曇り・・・(ノ_-。)

でも、やはりというか・・・チェックインの頃には青空になり、暑くなった。



帰りは道に迷い、結局は、輪島→門前町→穴水までのライブのみになった。

午後1時までに能登里山空港でレンタカーを返さねばならないので、あせっていたから。

それでも、ここには寄れた。




9682





桜で有名な能登さくら駅


2014年春に訪れた時の能登さくら駅の記事は
こちら

9679








9655







9640m






七尾発穴水行の列車が来た。


9690








9698



炎天下のドライブの後だったので、木々をわたる風が涼しく感じられた。

最後に、もう1枚 

9545h




午前4時過ぎに宿を出た。




東の空が一番早く染まる場所を探して日の出の場所の見当をつけ、

カメラを向ける位置や、マニュアルの数値を変えながら、

夏の涼しい早朝、波の音を感じながら撮るこの時間帯が好きだし癒されるconfident

奥能登シリーズを終わります。

2016年8月14日 (日)

マイナスイオンと夕陽

 奥能登シリーズ其の3  (画像は全てクリックで大きくなります。)

昼食後、輪島市に向かって出発したが・・・

炎天下では撮影する気がおこらず

窓岩や塩田などは車中から眺めるだけにした。


ただ、垂水の滝は諦めきれなかったので、そばまで行った。



9368




山から流れ落ちた水が、直接海に注ぐと全国でも珍しい滝である。



9417



細く短い滝ではあるが、そばにいるとひんやりとして、不思議と暑さを感じなかったし、疲れもとれた。

マイナスイオンの効果だろうか。

小1時間ほど撮影したあと、午後3時すぎに、輪島市の千枚田に到着した。


9464







ここから宿までは30分もかからない。



早めにチェックインをし、水分を補給し汗を流してから夕刻に再び千枚田に戻った。






9499_2



やはり雲が下に降りてきていたけれど、そんなに悪い条件ではない。

9508

千枚田の下方に降りて撮影したもの。

このあと夕陽は雲に隠れてしまった。静かな夕暮れ。風も涼しくなった。

9523






(午後7時過ぎ)

ちなみに2013年4月の千枚田の記事はこちら







この時間まで残っている観光客は数人で、景色を独り占めしている感があったhappy02







宿に戻ると、パーカーが見当たらないcoldsweats02

あわてて、暗い夜の山道を千枚田まで再度往復するハプニング。

カーブが多いから時速50キロくらいで行きたいのだが、他の車はかなりのスピードを出している。

途中で道を譲ったりと緊張しながらたどり着いた。

幸いパーカーはすぐに見つかった。

宿に戻り、温泉に入り長い一日が終わった。



次回奥能登シリーズ最終章

2016年8月12日 (金)

奥能登の海

奥能登シリーズ 其の2

翌日の午前3時、上空には星が瞬いていた。

けれども午前4時に宿を出る頃には、雲が重く垂れこめていた。





午前4時40分頃。高台にて

日の出直前の狼煙(のろし)漁港


9030







朝焼けさえも見られなかったweep

諦めきれないで宿の前の漁港でねばる。

雲の切れ間から、一瞬朝の光が射す。

午前5時40分頃


9080_2




漁船が港に戻ってきた。




9132





曇り空の中での撮影には厳しいものがあり、宿に戻る。

鉱泉に入り、朝食を頂き・・・・・またお湯につかるうちに、

午前9時頃に陽が差してきた。

チェックアウトをし、禄剛埼(ろっこうさき)灯台に向かう。







9159h



朝陽に瓦屋根がキラキラ光る。










道端のダリアの花



9185






禄剛埼灯台







9195



空は青く、次第に気温が上がってきた。




車に乗り、気に入った風景に出会うと車を停め、時間を気にせずに撮影した。



9260







9291







9318








気が付くと12時を過ぎ、汗びっしょりになっていた。

木陰の多い小さな駐車場で、前日に購入したパンを食べ、ジュースを飲んだ。



狼煙にコンビニはなく、見附島(みつけ島)に行ったときに買っておいたのだった。

それにしても暑くてたまらないsun・・・どうしようかcoldsweats02



とりあえずは次のお宿の輪島市に向かう

続く・・・

2016年8月 9日 (火)

朝陽と夕陽が見られる場所

奥能登シリーズ其の1


3か月ぶりの更新になります
coldsweats01


富山県に帰省したあと・・・・・

石川県の金沢駅から、バスで能登里山空港へ。

そこでレンタカーを借り、2泊3日の奥能登ドライブ(珠洲市・輪島市・門前町)。

高校の卒業旅行で友人3人と巡って以来だ・・・

見附島(軍艦島)珪藻泥岩でできている。





8829

(PLフィルター使用)



狼煙に向かう途中の風景






8884






目的地は狼煙(のろし)の禄剛埼灯台(ろっこうさき・ろっこうざき)灯台近くの宿。


9130




漁師の宿「狼煙館」の看板と借りた小型車。(宿は写っておりません)

食事は採れたての魚と海藻料理。しかも温泉付き。(正確には鉱泉)





狼煙では朝日と夕陽が見られる。

灯台で夕陽を撮影しようと思っていたが、曇り空になってしまったcoldsweats02

あきらめきれずに、わずかな光が見える西の空に向かって車を走らせた。


8928h







8942






赤い夕焼けは見られなかったけれど、さざ波が美しかった。






8962


(ホワイトバランスは蛍光灯)




逆光で見る百日草




8986th






空港からは初めての道をどきどきしながら運転したけれど、

道は整備されており、トイレのある「道の駅」があちこちにあって、

快適なドライブを楽しむことができた。


8月2日撮影。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ