« 美しい雲の流れとスズラン | トップページ

2017年6月18日 (日)

新緑の湿原

入笠(にゅうかさ)湿原・撮影バス旅行続き  (6月6日)

入笠湿原の周りにある樹林帯も湿原も新緑でまぶしい。


0482






0517





0600

            

                              

クリンソウ

0588



マムシグサ




0619




0610






0546





曇り空になった時、新緑の濃淡を、モノクロで撮ると面白いと教えてもらった。

0622




モノクロであるのに、柔らかい雰囲気になることが分かった。




最後に日暈(ひがさ)

真ん中の明るい点が太陽。雲に隠れている間に撮った。

NDレンズの持ち合わせがなく、ファインダーで長い間覗くのは怖かったので

すぐにやめた。

もっと丸い輪だったのだろうけれど・・・


0347


花は少なかったが、小さな湿原の初夏を楽しんだ。

自生している日本すずらんの開花が見られなかったのが残念だったけれど。

« 美しい雲の流れとスズラン | トップページ

北陸信越の散歩」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
1枚目の林はカラマツでしょうか?
北海道みたいです。
逆行の撮影は目を傷めますね。
私はそれでもファインダーを覗きます。
そうしないと気が済まないんです。^^;

nanさんbud
こんばんは。
カラマツですね。白樺もありましたよ。
1700mの高地ですのでhappy01
>私はそれでもファインダーを覗きます
お互いに目は大切にしましょう。
昼間の太陽は、液晶画面で見るのも躊躇しますsweat01


今晩は!
湿原の植物も素晴らしいですけど
初めて見たひがさ! 言葉すら知らない!
凄いですね! 後 モノクロも素晴らしいです!
とても良い撮影旅行ですね!

pekoさんbud
こんばんは。
この日は彩雲も見えたのですhappy02
湿原の花は思ったより少なかったけれど、
楽しい1日でした。

こんばんは。
新緑が美しいですね。
シダ類やマムシグサがあるのは、湿潤な場所だからでしょうね。
クリンソウが可愛らしいです。happy01
実は以前よく太陽を撮影したいと思っていたのですが、
飛蚊症がひどくなってきたのでもう撮影しないようにしています。
光学ファインダーは危険です。

morimoridxさんbud
おはようございます。
湿原に花はあまり咲いてなくて残念でしたが、
新緑は美しかったですconfident
太陽をファインダーで覗くのは危険ですよね。
今回は雲で太陽が遮られていたので
大丈夫だったのですが、すぐにやめましたsweat01
私も飛蚊症がひどいので、夕陽撮影も控えようと思っています。


こんにちは!

カラマツの新緑が清々しい森ですね♪
クリンソウ、お花の咲き方がかわいいですo(*^▽^*)o
群生してるのでしょうか?
新緑の濃淡、モノクロで撮ると不思議な世界ですshine
日暈も見られたのですね^^
日本すずらん、ちょっと控えめに咲く真っ白な花でしょうか♪
日本すずらんも楽しみな入笠山ですねclover

らるごさんclover
こんばんは。
クリンソウは道端に数株ずつかたまって咲いていましたよhappy01
日本スズラン、らるごさんはご覧になったことがありますか?
私は区別がつけられないのですcoldsweats02


今回残念なことがあって・・・
50人余りの集団で移動するものですから、
花の写真を撮る際に、花の咲いていない葉を踏んでいく人が何人かいました。
花に夢中で、葉だけだと気がつかないのですね。
写真の緑のマムシ草も、踏まれそうになったので、
私が声掛けをして、寸前で助かりました。

いろいろと考えさせられる旅でした。。。

こんにちは

私は2度ほど、長野県の山で自然の中に咲くスズランを見たことがあるのですが、それが西洋スズランか日本スズランか区別がつきませんsad
きっと花に詳しい方が見れば一目瞭然でしょうね^^
でも登山道で見つけるとうれしいものです♪

お花の撮影は、夢中になると葉などには気づかないで踏んでしまったり、またよい写真をという気持ちで皆が同じポイントに近づくので不自然な登山道が出来てしまったりcoldsweats02
私自身も過去、保護してあるロープに気づかず、他の登山者に注意を受けたことがあります。反省。。
ナルコユリさんのおかげでマムシ草が助かりましたね。
私も山にお邪魔させていただいてる感謝の気持ちを忘れず、自然と親しみたいと思います。貴重なお話しありがとうございましたconfident

らるごさんbud
こんばんは。
いつもブログを丁寧に読んでくださり、ありがとうございますm(_ _)m
らるごさんのように自然の中で花を見つける感動を味わいたいのですが、
残念ながら体力的に厳しいので、バスに連れて行ってもらってますcoldsweats01
様々な方の感動を味わえるのがココログの良い所ですよね。
更新はゆっくり目ですが、今後とも宜しくお願いしますwink


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しい雲の流れとスズラン | トップページ

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ