« 開港記念日の花火 | トップページ | 梅雨の晴れ間・アガパンサスと蓮 »

2018年6月16日 (土)

散歩道の鴨は

何年か振りで散歩道のウオーキングを再開してみると、気になることがあった。

何度歩いても、鴨がいなかったこと。

今の時期、数年前は鴨の母子連れや、つがいをよく見かけたものだ。

9963m





先日、ようやく一羽見つけたので写真を撮ってみた。

0031mh


0027tmh




今日、ようやく二羽の鴨を見つけた。

道路の真ん中でまったりとしていた。

車が来ると危ないので、道路わきの川沿いの土手に二羽を追いやった。

そばに寄ってもなかなか動かないし、歩みものろのろ・・・・・・

こんなので、車が来たら逃げられるのだろうか?






つゆ草



9583m_3

F2.8  100マクロ




竹似草の花

9911mf28

F2.8  100マクロ




額紫陽花

9703tm

F6.8    パンケーキレンズ



鴨の母子連れにまた出合いたいものだ。

« 開港記念日の花火 | トップページ | 梅雨の晴れ間・アガパンサスと蓮 »

散歩道の植物・生き物」カテゴリの記事

コメント

ソングバードさんchick
おはようございます。
散歩道途中、密かに名づけていた「鴨の池」
以前は必ず母子連れがいました。
何故いなくなったのでしょう?
キャノンのパンケーキレンズは、F2.8と明るくまた軽いので、
散歩には重宝していますhappy01

おはようおざいます。
久しぶりの散歩コース、以前見かけたものがないとやっぱり違和感ありますよね。
今はカルガモ親子が見れる季節、子供の姿が無いのは寂しいですね。
マクロレンズ、やっぱり楽しいですね。
別世界が見えます。
こんな時でも、パンケーキレンズ、案外使えるんですね。
今度試してみます。

なかっちょさんchick
こんばんは。
カルガモさんは人慣れしすぎですcoldsweats01
この川には鴨さんのたまり場があったのですが、
鯉に餌をやる人がいると、皆そばに寄っていきましたっけ。
さわれましたよ。
それだけに、一羽しか見つからなかった時は
妙に寂しかったですweep

こんにちは。

カルガモの親子のお引越しがニュースになる時期ですね。

京都の鴨川でも先週、近くのお寺の池から川までの引っ越しが
あって、新聞記事になってました。

鴨って意外と、人馴れする鳥なんですね。ハトや雀ほどでは
ありませんが、エサをやると足元まで寄ってきますし、
遊歩道のすぐわきに座り込んで、ジョギングする人が駆けぬけても
我関せずcoldsweats01

「ホンマにあんさん野生の鳥さんどすか(^.^)」 って、聞いてみたいhappy02

morimoridxさんchick
こんばんは。
今日見た鴨さんがつがいならいいなと思います。
(雌雄の区別がつかないので、二羽ならつがいと決めつけていますcoldsweats01
また家族を増やしてくれることを期待してます。
パンケーキレンズは寄れますね。
最も今は寄りすぎて失敗ばかりしてますけれどsweat01
軽いし明るいし、画質も良いです(^^)

こんばんは。
カルガモが減ったのは、心配ですね。
交通量のせいでしょうか。
最後のアジサイのお写真は、パンケーキレンズとは驚きです。
結構、寄れるのですね。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 開港記念日の花火 | トップページ | 梅雨の晴れ間・アガパンサスと蓮 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ