« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月26日 (金)

クビワキンクロ雌

「キンクロハジロ」は金色の目を持ち愛嬌のある表情をしているので、好きな鳥。

その「キンクロハジロ」の住む市内のO公園の池に、いつになく鳥撮りさん達が大勢集まっていた。

 

 

カルガモとキンクロハジロだけだよね・・・・・と思っていたら、

「1羽だけ違うのがいるのよ」とのこと。「ほら、目が茶色で、くちばしの上が白いでしょ」と

 

2319kt

 

クビワキンクロ♀ 2021年2月21日O公園で撮影。

 

2336th

 

2350t

 

日本にはまれな冬鳥として時々記録されているが、

2020年東京町田市で、2020年には横浜市内で複数のカメラマンにより撮影された。

 

2369tm

 

カルガモ(♂?)と、キンクロハジロ♀♂、クビワキンクロ♀

「クビワキンクロ」については、そばにいた鳥撮りさんから教えて頂きました。

間違っていたら教えてくださいm(_ _)m

 

O公園では梅の花が見頃を迎え、メジロが蜜を吸うのに忙しそうだった。

 

1986

 

1997t

 

2010t

 

 

1982th

 

この日はトラツグミも見かけた。(ミミズを捕まえている)

2067tth

 

そばにいた鳥撮りさんの話を聞くと、O公園には7羽のトラツグミがおり、この子は一番小さいのだとか。

可愛らしくつぶらな瞳をしている。

2044t

 

「暖かい日が続いているから、早めに渡っていくでしょうね。」と。

 

2141t

 

暖かい春の一日

2308

 

2021年2月21日 (日)

夕方の赤い富士山

久しぶりの澄んだ空。今年一番の深い雪化粧をした富士山。

 

1843thh

 

夕陽は矢倉岳(870m)の麓に沈む。

 

1847thh

 

 

 

 

1868hthh

 

 

1863thh

 

 

暮れ行く空が澄みきっていて美しい。

 

1952t

 

 

(2021年2月19日)

 

19日は冬型の天気、20日は春霞の空。21日は4月の陽気。関東では軒並み20℃を超えた。

明日22日は初夏の気温というが・・・寒暖差がとても激しい。

 

梅の花も見頃を迎えた。

梅にメジロ

 

2479tht

 

 

2480tht

 

近くにはシジュウカラが数羽いた。梅にシジュウカラも良いなと思ったが、

地面をつついているだけで、梅花の木にとまる様子はない。甘いものは嫌い?

辛夷の蕾は食べていたのに・・・

 

散歩道では雉♂を見かけた。

 

1562ht

 

近くに住んでいるらしく、時折鳴き声が聞こえるという人もいる。

 

1678th

 

日本の国鳥であり、桃太郎の昔話にも出てくるくらい古いお付き合い。図鑑の「ニホンキジ」の記述には

「かっては生息地によって4亜種に分類されていたが、各地で狩猟用の放鳥が長いこと行われ、生息地が乱れた。現在は交雑により、それぞれの亜種の特徴が失われている。」とのこと

(2019年7月版・池田書店・野鳥図鑑より)

ネットの記事ですが・・・

かっては

狩猟用に外来種の「コウライキジ」(首に白い輪がある)が放鳥され、ニホンキジとの交雑が心配されたそうです。

現在では・・・例

2020年10月野生鳥獣の保護繁殖のため、佐賀県で放鳥されたのは「ニホンキジ」とのこと。

 

 

1671th

 

繁みから出てくることはなかった。よそ様の敷地なので、そばで見守るのみ。

 

1698th

 

この地に長年住んでいるけれど、ここで野性の雉を見るのは初めてだ。

とても美しい色彩を持つ鳥だと改めて感じた。

2021年2月14日 (日)

甘い蜜に誘われて

散歩道の梅が見頃になってきた。

 

1223

 

散歩道にある神社の河津桜も、見頃を迎えた。

花を撮り終わり、ふと見上げると・・・

 

1342t

 

メジロがいた!?・・・いつの間に?
私がいるのにおかまいなく、蜜を飲むのに忙しい。

 

1349t

 

そのうちにもう一羽が飛んできて・・・

くちばしの黄色い花粉が見えますか?

 

1444t

 

見物人が増えたのに夢中になって飲み続けていた。とにかく撮り放題!

低木だったので、中望遠でもトリミングなしで撮れた。

むしろ、フレームからはみ出しそうなので困った。

 

1460

 

2月11日行ったO公園の梅林は、見頃にはまだ早かった・・・

 

1144

 

 

 

1169_20210214134201

 

「梅にメジロ」は撮れなかったが、初めて出合う鳥たちがいた。

 

アオジ♀

 

1100

 

藪の中から日当たりの良い所に出てきてくれた。

(クロジ♂もいたが、暗い藪の中から出てこず)

 

そのかわり、シロハラが日向にきてくれた。

1177

 

近くにいる鳥撮りさんたちが、「〇〇がいる!」とつぶやいてくださるので、

撮ってから種類を確認するだけなのが有難い。アオジ♀かクロジ♀かで散々迷ったが・・・

 

2021年2月13日夜11時過ぎに、

福島県宮城県を中心とする震度6強の地震があった。

津波の心配はないとのことだったが、

茨城県あたりもかなり揺れたようだった。

新型コロナが蔓延中の今、

また新たな災害を抱える方々にかける言葉もありません。

ココログ・ブログを書いていらっしゃる方々にも、

そちらのご出身の方々がおられます。皆様のご無事をお祈り致します。

また、被害が少ないこと、あっても早く復旧できますようにお祈りいたします。

2021年2月 6日 (土)

梅花ほころぶ

大きな池のある公園で、梅の花がほころび始めた。

 

月宮殿

0419th

 

 

0423h2t

 

 

 

緑蕚梅(りょくがくばい)

 

0722t

 

 

池の周りを歩いていると、ザザ~っと鳥が一斉に羽ばたく音がした。

キンクロハジロ達。後ろ姿がとても可愛い( ´∀` )

 

0374tht

 

「キンクロハジロ」に初めて出合った。

 

0371t

 

 

ここの小鳥たちはとても人懐こい。はじめは茂みに隠れていたのに何を思ったか、

私の目の前まで飛んできて、ポーズをとってくれた「ルリビタキ」

 

0325t

 

 

0322th

 

周りのカメラマンさん達も、「おお~っ」と一斉にシャッターを押す。

 

0318tk2h

 

池の鴨さんたちを撮っていたら、いきなり頭上の枝にとまった「エナガ」

 

0695ht

 

 

0674h

 

 

0659ht

 

 

横顔は撮らせてもらえなかった・・・

 

ウオーキングをする人々、双眼鏡片手に鳥見をする人々、

幼児をを遊ばせているお母さんたち。そして大砲を抱えたカメラマンさん達。

暖かい日差しに春を感じた。

でも、花粉も感じた・・・気をつけねば。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ