« 上野駅・夕暮れの「両大師橋」 | トップページ | 上野恩賜公園界隈(窓の映り込み) »

2023年12月16日 (土)

上野恩賜公園界隈(国立科学博物館)

12月2日、上野駅(入谷口)から出て両大師橋を渡った

進行方向右手に開山堂(両大師)がある

 

 

 

0570kth

 

 

東叡山寛永寺の開山である天海大僧正と、良源大僧正をお祀りするお堂

 

進行方向左手に見えてくるのは

 

 

0585h400

 

 

 

何かの尻尾、それは・・・

 

 

 

0586h30m

 

 

 

シロナガスクジラの実物大の模型、現在地球上に生息する最大の動物

30mもあり、カメラには収まりきらない。

 

 

 

0580t

 

 

これをどうやって撮れと???

 

 ここは国立科学博物館

 

 

 

0626k

 

 

 

近くには野口英世博士の銅像がある。

 

 

 

0622kh

 

 

 

ここも銀杏の黄葉の見ごろ

 

 

0601

 

(クリックで拡大)

 

多くの人々で賑わっていた

 

 

0637th

 

上野恩賜公園界隈 続く・・・

 

***************************************************

イイネ♡を復活させましたm(_ _)m

« 上野駅・夕暮れの「両大師橋」 | トップページ | 上野恩賜公園界隈(窓の映り込み) »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

山本さん、こんばんは。
12月は黄葉の記事だらけで・・・
他所にも撮影は行ったのですが、写真の整理に手間取りました(^^;
ブログの構成を考えたり、載せる写真を何種類も準備したり
ストーリーが感じられるブログにしたいと考えているので・・・


こちらでは銀杏の黄葉はまだまだあちこちで見られるのですよ。
クリスマスまでは多分大丈夫(^_-)☆

こんにちは、最初鯨の尻尾かと思い、スクロールしてみるとシロナガスクジラの実物大模型なんですね。
国立博物館委はそんな模型があるんですね。10代の頃最後に行ったきりです。
もう銀杏の黄葉も殆ど無くなりましたか、12月も下旬ですし。続きも楽しみです。

ちぎれ雲さん、こんばんは。
上野公園、行かれたことがあるのですね。
くじらは、通りから見上げた時の尻尾の力強さと、
青空と紅葉・黄葉の木々の美しさにシャッターを切りました。
曇りならば、魅力は半減していたでしょう。運が良かったです。
前景の「ひらひら」は、黄葉と建物を絡めて撮ろうと思っていたのですが、
大銀杏と一緒だと、科学博物館が目立たなくなると思い、
敢えて離れて撮ってみました。建物も魅力的で生かしたかったのです(^^)

Mineho さん、こんばんは。
野口博士の銅像は、黄金色に囲まれていたので注目したけれど、
裸木だったり、緑の葉っぱだったら地味で気づかなかったかも(^^;
くじらは、両大師橋を渡って見上げると、しっぽが跳ね上がっていました。
青空と紅葉・黄葉のもと、はっとする光景でした。
上野公園は広いですね。春も良いかも。また行ってみたいです。


東京大学にいかれたのですね。
トンネルと銀杏の組み合わせ、通路への銀杏の映り込みきれいですね。
工学部前広場の大銀杏も迫力です。
実は今年行ってみたい場所の候補の一つだったんですよ。
見られて良かったです。

ソングバードさん、こんばんは。
ここら辺にお勤めでしたか。何度も行かれているのですね。
私は公園口からしか行ったことが無く、入谷口からは初めてです。
見る風景が異なって見え、とても新鮮でした。
経路や季節、時刻によって印象は異なるのでしょうね。


「文庫本」探し、チャットで申し込むのも短時間でしたし、
見つかるのも翌日、とにかく早い!
横浜から終点の宇都宮まで乗ったので、車内点検時に車掌さんが見つけてくれたのかな??
日本はさすが正確ですね。
以前、夫がスマホを新幹線の駅に置き忘れたけれど、無事戻ってきました!!!

こんにちは、
記事を拝見すると、いろんなことを思いだして、
あの辺り、歩いてみたい気分になります。

青空にのびる、優美で、力強い、くじらのシッポ。
紅い木の葉のひらひらの前景。
こういう撮り方があるんですね。
斬新な感じがします。

こんにちは
今までに何度か上野公園界隈で写真を撮ったことがありますが、野口英世の像があることには気づきませんした。次回は見つけてみたいと思います。
科学博物館前の巨大なクジラの模型の「尻尾」と「頭」の写真は、周囲の樹々との対比からその大きさを感じますね。

上野公園界隈には写真ポイントが沢山ありますよね、不忍池や国立博物館の庭園、牡丹園、東照宮、寛永寺など・・・、続きにどこの写真が出てくるのか、楽しみにしています。
では、また。

おはようございます。
上野公園周辺を散策されてきたんですね。
この周辺は、現役のころ働いていた会社があったため、懐かしく拝見させていただきました。
退職してからは年に一度か2度立ち寄る程度ですが、まだまだ見るところがいっぱい残っていそうです。
続き、楽しみにしてます。

↓の文庫本、よく見つかりましたね。
さすが日本って感じでしょうか!!

ポージイさん、こんばんは。
私は恩賜公園へは、「公園口」からしか行ったことが無いのです。
経路が異なると、違った場所に見えて新鮮でした(^^)
ポージイさんも、このクジラをご覧になったことがあるのですね。
30mを実際に見ると圧倒され、怖くなりました。
優しい眼をしているのですが・・・
ここの銀杏の黄葉も美しかったです。野口博士が金色に彩られて、ゴージャスに見えましたよ。

こんにちは
 
ここも知らない所(95%が知らない所デス ^^;)だな~と
拝見していたら、んん?見覚えのある尻尾が!
私も近くまでは行ったことがあったのですね。
シロナガスクジラの実物大、カメラには入り切りませんよね。
こんな大きな体で、食べるのはオキアミだなんて、
ものすごい量のオキアミを食べなきゃなりませんね。
こちらもまたイチョウの黄葉が美しいのですね。
イチョウの黄色に囲まれた野口博士が良い雰囲気♪

morimoridxさん、こんにちは。
何十年ぶりかで来た国立科学博物館、
くじらも銀杏も記憶になかったのですが、新鮮でした。
昔とは見る観点が違ってきたのでしょうね。

ここも銀杏ばかりで、紅葉には巡り合えず・・・
今年は紅葉の時期を逃してしまいました(^^;

こんにちは。
シロナガスクジラは、全体が見えなくても伸びやかな尻尾と大きさを想像させる目で迫力を感じました。
太平洋側の銀杏は長く楽しめますね。でも影が長いのは初冬を感じさせます。
続きも楽しみにしてます。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上野駅・夕暮れの「両大師橋」 | トップページ | 上野恩賜公園界隈(窓の映り込み) »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ