« 夕暮れのサーファーたち | トップページ | 白鳥が舞い上がる »

2024年1月 4日 (木)

元旦の大地震

令和6年1月1日午後4時10分過ぎ、横浜の我が家では

ペンダント型の照明の紐が大きく揺れ始め・・・

部屋中が(強くはないけれど)ゆらゆら揺れ

いつまでもやまず長く続いた。とっさに東日本大地震を思い浮かべた

 

 

最高震度7を記録した「能登半島地震」は

私の故郷をも巻き込んだ大災害となった。

 

 

その数時間後、混乱しているだろうとは思ったが

我慢できず複数の親戚に電話を入れた。

富山県のその地域は、動けないくらいの大きな揺れだったが

物的損害は軽微で、けが人は出なかったという。

 

 

富山県で、能登地方に隣接している氷見市の被害はかなり大きい。

断水が広がり、私が定宿としていたホテルも例外ではない

義父母が生前住んでいた能登南部地域も道路の陥没多数という。

 

 

甚大な被害に遭った輪島市・珠洲市・穴水町の奥能登や氷見市は

私の写真撮影のテリトリーで、何度も訪れていた近しい地域だ

ここ数日気持ちの落ち着かない日々が続いている。

 

 

お亡くなりなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

被害ににあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

氷見市の過去写真です。

 

氷見漁港の夜明け(唐島からしま)

 

995720148-2

2014年8月撮影

 

 

あまはらし(雨晴)海岸の女岩

 

 

0229t2021107

 

2021年10月撮影

 

氷見線

 

0076t2021106

2021年10月

 

 

今回はコメント欄を閉じています。

« 夕暮れのサーファーたち | トップページ | 白鳥が舞い上がる »

富山県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ