2018年4月19日 (木)

又兵衛「7分葉」桜

前回の続き   「吉野・又兵衛桜の旅」 最終回


(写真はクリックで大きくなります。)

0330hm




宇陀市にある又兵衛桜(瀧桜)は樹齢300年以上の見事なものだけれど

ここは7分葉桜だった。薄桃色がまだ残っている

0321h






見頃ではないにしろ、樹木の形は立派で撮りたいなと思わせた。

0324hm_1





50分の駆け足の撮影の後、女人高野・室生寺に向かう。

0359





静かな良いお寺だけれど、観光客が多く落ち着いて撮れなかったのは残念

駆け足40分の撮影のうえに雨も降ってきたcoldsweats02

法隆寺に続き、我が国で二番目に古い五重塔




0365




桜の花びらと金魚が印象的





0370


大野寺小糸枝垂れ桜(樹齢300年以上)



0400




この寺は鎌倉初期に彫られた「弥勒磨崖仏」でも有名

対岸にある

0441






0451




しゃくなげが咲いていた





0430h_2






ゆきやなぎ

0439

 

時おり小雨がぱらつく天気

滞在時間50分



桜は残念なことになっていたが、奈良も良いなあと思った。

いつか花満開の吉野に来れることを願いつつ、帰途に就いた。

バスで伊勢湾岸道路を通ったが、ここも興味深かった。

2018年4月15日 (日)

早朝からの撮影 ・吉野

前回の続き  「吉野・又兵衛桜の旅」 その2

中千本のお宿を午前4時に出発し、まだ暗い中上千本に向かう。

(写真は全てクリックで大きくなります。)




午前5時頃のこと

 中央でライトアップされているのは、「金峯山寺(きんぷせんじ)」蔵王堂」

0201h5




もっと展望が開けた場所もあったけれど、どこも狭い場所に数人重なって撮って

いるので、一人落ち着いて撮れる場所を選んだ。

桜も入れたかった。






午前6時頃、曇り空 ・・・・・・  陽はまだ差さない。

「花矢倉展望台」にて 蔵王堂が見える。

0268h6




しばらくすると添乗員さんの「ここから宿まで1時間かかります。朝食は7時半で

す」 の声に促されて帰途に就く。





02852












0276


暗い時には気づかなかったが、思ったよりも急な坂を下った。




0291t_2




朝食後は宇陀本郷の瀧桜「又兵衛桜」に向かう





又兵衛桜は九分葉桜

でも、手前にある桜は見頃だった。ときおり風に揺れる。

0306h2_2



滞在予定時間は50分 時間に限りがあるので、困ってしまう。



0311h2_2




ああ又兵衛桜が見ごろだったなら・・・・・と思った。

吉野下千本から上千本の絵図

0289t




奥千本へは行けなかった。

次回は又兵衛桜

2018年4月14日 (土)

若葉の季節・吉野

撮影バス旅行で一泊二日の旅に出た。

「世界遺産・吉野千本桜と又兵衛桜」




カメラを始めたばかりの頃、

「吉野の桜は一度は見に行くべきだ。 山全体に咲くから素晴らしいよ。」

と聞き、機会があれば是非行きたい願っていた。





そしてようやく機会が訪れ

午後三時頃に、吉野・中千本にあるお宿に着いたが・・・・・







4月10日撮影

82422_2





今年は桜の開花が例年になく猛スピードで進み、

新緑の季節を迎えていた。




0158


前の週に見頃を迎えたようだ

それでも、どこか咲いているところはないかと、皆で探す。




0149

世界遺産に指定されている場所であり、神社仏閣も素晴らしい。

けれど、まずはお目当ては桜


蔵王堂から、400段の階段を下りたあたりに10本桜が残っているそうだとの情報を得て一斉に向かう。

0183h


明るければ、川の流れもあり、撮影に良い所なのだけれど・・・・・・

宿の食事の時刻に間に合うようにUターンし、400段の階段を上る。




飛行機雲


8254h

 

夕食に間に合うよう、急いで宿に向かった。

2017年5月25日 (木)

会津若松去り際の桜

会津若松の旅最終回(4回目)

会津若松から戻って1か月が過ぎた。4月25日撮影の鶴ヶ城。

(クリックで拡大します)

桜の花びらが舞い散る駐車場


9285


平日の午後ではあるが、相変わらず混雑していた。

(初日の日曜日の午後は車を停める場所がなく、諦めたのだった。)



9300h





桜に囲まれた城を見るのは、たぶん初めて。



9316


お堀端




9363




4月23日(日曜日)のライトアップ



9003





会津若松は美しい所だった。

2017年5月19日 (金)

桜探し、会津美里町

会津若松の桜探し、三日目。

北海道の桜も終わり、藤の季節が終わり、花菖蒲の季節になろうとしていますが、

空気を読まず、相変わらずの桜の旅。すみませんm(_ _)m


当分は「桜探しの旅」がテーマですcherryblossom

会津若松市の隣、三里町の桜のちらしを見、道路地図をたよりにでかけた。



磐梯山

9261





宮川千本桜。500本の桜が宮川の両岸に植えられている。



桜並木を過ぎたところ。

磐梯山と雲と新緑が美しい。

9277





9270







この近くにある「あやめ苑」の桜。

9224h







9229



回遊式の庭園になっている。

9239h





本来はあやめで有名な場所だが、桜も良かった。




伊佐須美神社の境内




9263h





薄墨桜が有名だが、花は終わっていた。






文殊院の境内に植えられている「文殊院知恵桜」と呼ばれる紅枝垂れ

 

9198h




樹高が高いのが特徴とか。





9213


規模は小さいけれど、雰囲気のあるお寺だった。

静かなたたずまいに、心が洗われた。

会津美里町も、至るところに桜が咲く美しい街だった。

小学校の校庭の桜は枝振りが見事だったし。

(会津若松市内も、桜の街だった)





会津若松の桜探しの旅、次回最終回は 「鶴ヶ城」

2017年5月11日 (木)

早春の桧原湖

レンタカーを借りての会津若松の旅。

二日目は、裏磐梯に足を延ばすことにした。

(写真はクリックで拡大します。)

途中、磐梯山がきれいに見える場所があり車を停めて撮影した。


9030




まずは桧原湖を目指したのだが、途中で道を間違え、1時間以上も回り道をしてしまったのだった(^^;

会津若松市内では、満開の桜があちこちに見られたが、

桧原湖の湖面にはまだ氷が残っていた。  (4月24日撮影)


9071








9046h



撮影に良い場所を見つけても、道が狭くて止める場所が見つからず、苦労した。

次に五色沼を目指した。








青緑色の毘沙門沼から磐梯山が眺められる。

9117t_2








9133



初めての道なので緊張したのだろうか、日差しが強かったせいだろうか、頭痛がしてきた。

また道に雪が残っており、撮影しながら全ての沼を歩くには時間が足りないと思い帰ることにした。






9158_2





途中、「道の駅猪苗代」に寄った時、観音寺川の満開の桜の写真を見つけた。地図を眺めると、すぐ近くだったので、行ってみた。



残念ながらまだ蕾だったけれど・・・


9175h



でも、すでにライトアップの用意がされ、食べ物屋のテントが張り巡らされ美味し
そうな匂いがしていた。

 

その後、猪苗代湖を横目で見ながら帰途についた。



宿はラジウムの人工温泉付きのビジネスホテル。

ドリップコーヒーが無料で飲め、バイキングの朝食が無料でつき、女性に優しいサービスが付いている宿だ。

レンタカーを借りて旅するときは、いつもこの系列のホテルに泊まることにしている。(天然温泉付きのホテルもある)

勝手がわかっているので、リラックスできる。

2017年5月 7日 (日)

桜を求めて会津若松へ

とても忙しかった。

風景を撮ろうという心のゆとりもなく・・・

でも、ほっと一息ついたとき、桜を撮りたいと思った。



会津若松まで高速バスで行き、そこでレンタカーを借り

気の向くままに車で移動した。

宿の近くで見つけた桜(写真はクリックで拡大します)

8981

 

夕陽を浴びて


8984





見上げれば青空




8965






8970






夜は鶴ヶ城まで足を延ばした





9012


4月23日撮影


長くお休みをしていましたが、ブログを再開します。

2016年9月18日 (日)

知床空中散歩

知床の旅の続き・・・・・・・




羅臼でのくじらウオッチングの後、知床峠に向かった。

羅臼岳 (クリックで拡大します)


0402m



雲の流れが早く、2分後にはすっきりと見えるようになってきた。




04062m_2



知床峠から見た国後島


0394th







国後島は、知床半島より広い。


0391






わずかな滞在時間の後、オシンコシンの滝に向かった。

もう日没が近づいている。(車窓から見る夕景)


0420





日没寸前に、オシンコシンの滝に到着した。

ここで携帯用小型三脚を初めて使用。時間は20分しかない。




0438m_2



シャッター速度0.6秒  F13  ISO 100





相次ぐ台風のため、水量が多かった。



翌日はヘリコプターで12分の空中散歩。

0452





知床半島の先端方面




0483m


知床五湖
(矢印↓の方向)

湖が5つ見えますか?

0486

空中散歩のあとは女満別空港へバスは走った。






0534


女満別空港は晴れていた。

0559


けれども翌日からはまた雨になったそうだ。

知床の旅三日間の好天気は、本当に運が良かった。

このような運に再び巡り会えるのだろうか?



8月23日飛行機の中で(旅行初日)

茶色に染まった川の水がオホーツク海に注ぐ

9790

実は来週は泊まりがけの出張が控えている。

けれども9月18日現在の天気予報では、

台風16号と一緒に行動することになりそうだΣ( ̄ロ ̄lll)

台風よどうか消えて欲しい(。>0<。)


知床の旅、これで終わります。お付き合いくださり、ありがとうございました。

2016年9月11日 (日)

知床東半島クルーズ

知床五湖の2つの湖を見た後、半島を横断して羅臼に向かった。

羅臼の町から国後島を臨む。

(写真はクリックで拡大)



0115m





ここから船に乗り、150分のクルーズを楽しむ。





0131m




羅臼の港を後にして、国後島や知床の山並みを眺めながらクルーズを楽しむ。

船にはドイツから来たご家族も。


0203





クジラはよほど運がよくないとダメだろうと思っていたが・・・

まっこうくじらが潮を吹くのに出会えた!





0264






しばらく泳いだ後、海に潜っていった。





0278_2






0281





0283




0284





0298_2






クジラがいた海面には、楕円形の面ができていた。

(写真の↑に注目してください。)



0301





後ろに見えるのは国後島。ずいぶん近い。




イルカのジャンプ



0358




マッコウクジラもイルカも、トリミングしています。

望遠レンズをつけている時間がなかったweep



0321




船の中で、まっこうくじらの歯をみせてもらった。

青い海、青い空、そしてクジラ。

素晴らしいクルージングだった。

まだ続きますm(_ _)m

2016年9月 4日 (日)

知床五湖

知床の旅其の二(写真はクリックで拡大)

前回続きは こちら


滝の「男の涙」を見た後、知床五湖に向かった。

ただし、台風9号の影響で遊歩道が通行止めになり、湖は二つしか見られなかった。




知床五湖の二湖

後方にあるのは、羅臼岳

0025m_2







0002m






ハイキングコースは原生林の中を歩いて行く。




9992




知床五湖一湖を見るときは木道を歩く







0052




ヒグマが昇ってこられないように電気柵が張り巡らせてある。


0094

ここは車いすもベビーカーもOK

ただし、ヒグマを刺激しないように、食べ物を持ち込んではいけない。

もちろん、甘い匂いのするガム類だめ。

人間の食べ物の味を覚えてしまうと、人を襲うようになるから。





0076





知床五湖の一湖



0055m




木道からはオホーツク海を臨むことができる。





0099m



私たちが滞在している間にあったこと。



鮭釣りをしていた人が、ふと後ろを見ると、ヒグマが立っていた。

慌てて逃げると、ヒグマは釣った魚を入れた入れ物から、鮭を盗っていったと。

鮭が川を遡上するシーズンに入り、鮭をねらってヒグマが活動しているとのことだった。

あと、何年か前にヒグマが入ろうとしたコンビニも、バスから眺めた。

幹線道路のそばで、人家も多い所だった coldsweats02

二時間あまりハイキングをした後、羅臼町に行った。くじらやいるかのウオッチングのために。


続きは次回m(_ _)m

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ