2016年9月18日 (日)

知床空中散歩

知床の旅の続き・・・・・・・




羅臼でのくじらウオッチングの後、知床峠に向かった。

羅臼岳 (クリックで拡大します)


0402m



雲の流れが早く、2分後にはすっきりと見えるようになってきた。




04062m_2



知床峠から見た国後島


0394th







国後島は、知床半島より広い。


0391






わずかな滞在時間の後、オシンコシンの滝に向かった。

もう日没が近づいている。(車窓から見る夕景)


0420





日没寸前に、オシンコシンの滝に到着した。

ここで携帯用小型三脚を初めて使用。時間は20分しかない。




0438m_2



シャッター速度0.6秒  F13  ISO 100





相次ぐ台風のため、水量が多かった。



翌日はヘリコプターで12分の空中散歩。

0452





知床半島の先端方面




0483m


知床五湖
(矢印↓の方向)

湖が5つ見えますか?

0486

空中散歩のあとは女満別空港へバスは走った。






0534


女満別空港は晴れていた。

0559


けれども翌日からはまた雨になったそうだ。

知床の旅三日間の好天気は、本当に運が良かった。

このような運に再び巡り会えるのだろうか?



8月23日飛行機の中で(旅行初日)

茶色に染まった川の水がオホーツク海に注ぐ

9790

実は来週は泊まりがけの出張が控えている。

けれども9月18日現在の天気予報では、

台風16号と一緒に行動することになりそうだΣ( ̄ロ ̄lll)

台風よどうか消えて欲しい(。>0<。)


知床の旅、これで終わります。お付き合いくださり、ありがとうございました。

2016年9月11日 (日)

知床東半島クルーズ

知床五湖の2つの湖を見た後、半島を横断して羅臼に向かった。

羅臼の町から国後島を臨む。

(写真はクリックで拡大)



0115m





ここから船に乗り、150分のクルーズを楽しむ。





0131m




羅臼の港を後にして、国後島や知床の山並みを眺めながらクルーズを楽しむ。

船にはドイツから来たご家族も。


0203





クジラはよほど運がよくないとダメだろうと思っていたが・・・

まっこうくじらが潮を吹くのに出会えた!





0264






しばらく泳いだ後、海に潜っていった。





0278_2






0281





0283




0284





0298_2






クジラがいた海面には、楕円形の面ができていた。

(写真の↑に注目してください。)



0301





後ろに見えるのは国後島。ずいぶん近い。




イルカのジャンプ



0358




マッコウクジラもイルカも、トリミングしています。

望遠レンズをつけている時間がなかったweep



0321




船の中で、まっこうくじらの歯をみせてもらった。

青い海、青い空、そしてクジラ。

素晴らしいクルージングだった。

まだ続きますm(_ _)m

2016年9月 4日 (日)

知床五湖

知床の旅其の二(写真はクリックで拡大)

前回続きは こちら


滝の「男の涙」を見た後、知床五湖に向かった。

ただし、台風9号の影響で遊歩道が通行止めになり、湖は二つしか見られなかった。




知床五湖の二湖

後方にあるのは、羅臼岳

0025m_2







0002m






ハイキングコースは原生林の中を歩いて行く。




9992




知床五湖一湖を見るときは木道を歩く







0052




ヒグマが昇ってこられないように電気柵が張り巡らせてある。


0094

ここは車いすもベビーカーもOK

ただし、ヒグマを刺激しないように、食べ物を持ち込んではいけない。

もちろん、甘い匂いのするガム類だめ。

人間の食べ物の味を覚えてしまうと、人を襲うようになるから。





0076





知床五湖の一湖



0055m




木道からはオホーツク海を臨むことができる。





0099m



私たちが滞在している間にあったこと。



鮭釣りをしていた人が、ふと後ろを見ると、ヒグマが立っていた。

慌てて逃げると、ヒグマは釣った魚を入れた入れ物から、鮭を盗っていったと。

鮭が川を遡上するシーズンに入り、鮭をねらってヒグマが活動しているとのことだった。

あと、何年か前にヒグマが入ろうとしたコンビニも、バスから眺めた。

幹線道路のそばで、人家も多い所だった coldsweats02

二時間あまりハイキングをした後、羅臼町に行った。くじらやいるかのウオッチングのために。


続きは次回m(_ _)m

2016年8月28日 (日)

台風一過の知床の旅

8月23日(火)午後、台風が駆け抜けたばかりの、北海道女満別空港(北海道網走郡)に向けて出発した。

台風が通り過ぎていったばかりの女満別空港。

北海道に滞在中の三日間は、晴れの日が続いた。






9804_2





でも、続けて3度も見舞われた台風の爪痕
は、いたるところで見られた。

土砂で茶色く濁ったオホーツクの海・あふれかけた湖など。

これほどひどい状況は初めてだと、バスのガイドさんがおっしゃってた。

バスの車窓からの風景

(写真はクリックで拡大)

9807t







北海道のブロ友、nanさんの写真で知り、いつか見たいと思っていた刈り取られていた牧草の風景。

1日目は、斜里駅の真ん前のホテル。早朝の斜里岳の麓には雲海が。


9890_2



日の出の頃は曇っていて、朝焼けは撮れなかった。

オジロワシの像







9872_2



今回は、世界遺産知床五湖などを巡る旅。

ツアーで参加した(撮影旅行ではない)


0510t





2日目はネイチャーガイドさんの案内で、

開拓跡地の若い森林や原生林・植物や鳥などを観察しながら歩く。





9926_2




きのこも数種類みかけた。





9966





「男の涙」(湯の花の滝)

ここは陸路からは、そばには行かれない。

9947







9935_2





このあと知床5湖(
台風でのため道が破損していて、2湖のみ)

羅臼でのくじらウオッチング ・オシンコシンの滝を見てまわった。





この日、夜の動物観察に出かけたが、140数羽しか生存が確認されていない

シマフクロウに出会うことができた。

また、空気が澄み天の川や様々な星座を見ることができた。

 

次回は隅田川の夜景の予定です。




知床旅行の続きは、写真を整理しながらゆっくりとm(_ _)m

2016年5月 8日 (日)

湿原の新緑

続き・・・

リフトが動かなくなり、予定が大幅に遅れるというハプニングはあったが、

撮影は続けられた。





親海湿原の様子(クリックで拡大)







8454h2







手前にある白い花はミツガシワ





8418






道端に咲いていたマムシソウ








8471t









隣接する姫川の源流では、バイカモの花が見られた。








8477t









8480ht






1時間20分ほど撮影した後、バスにて帰路に就く。

カタクリは終わり、その他の花々を撮影する時間はなかったcrying

帰りは渋滞にはまり、新宿到着が遅れ、帰宅したのは午後11時過ぎであった。




まあ、でも、色々あったけれど、山の空気を吸ってリフレッシュできたconfident

今日で休みが多かったゆとりあるくらしが終わる・・・sweat01

2016年5月 3日 (火)

早春

ここは栂池高原。

ヒュッテに着いたとたん、みぞれ混じりの雨が降ってきた。



8154h_3







一泊し、夕景と、星空と、日の出と、モルゲンロートを撮る予定だった。

 

凍った雪道に備え、軽アイゼンを用意し装着の仕方も教わった。

そして、晴れることを願って、みんな午前2時半頃から待機していた。

 






最初の集合予定は星空撮影のため、午前3時・・・雨は止まず

 

次の集合予定は日の出を撮るために、午前4時・・・止まず

 

最後はモルゲンロートを撮るために、午前4時半に集合。・・・とうとう止まず。

 

降り続いたみぞれ混じりの雨がようやく止み、

ようやく撮影に出かけることができたのは朝食前のひととき。









8380h







高原は雪融けを迎え、雪の割れ目から川の流れと水芭蕉の若芽が見られた。

(クリックで拡大)









8397h

 







いつもの撮影バスツアー。

たいして撮影できないままに、午前8時半にヒュッテを出発するはずが・・・


強風のためロープウエイが動かないとかで、宿に待機するというハプニングcrying

山の上は20メートル~30メートルの強風とかで、

ロープウエイ運行のめども立たずweep

結局は12時頃までには降りてきたのだが。







8075h



前日の大町市中綱湖の様子。晴れて穏やかだった。

ただ、撮影予定の桜は散ってしまったあとだったsad

(今年は開花が早かった)

菜の花も今一つで、天気にも撮影タイミングにも恵まれないツアーになってしまった。

でも、食事はおいしかったし、ツアーの方々と写真の話はできたし、

ハプニングも楽しむことができた。


こんな時もある。撮影4月30日と5月1日

2015年12月30日 (水)

修善寺の銀杏

1か月あまり更新ができなかったが、前回の修善寺「もみじ林」の記事の続きを・・・

「もみじ林」での撮影したあと、「修善寺温泉駅」バス停まで歩いた。

印象に残った風景をカメラにおさめながら、ゆっくりと坂を下って行った。



6354h_2





銀杏の落葉のが美しかった。PLとNDフィルターを重ね、スローシャッターで撮っている。が、うまくは撮れなかった(^^;


6380




小さな公園もあった。


6424



銀杏の葉が敷き詰められていた。


6398




修善寺も寄ったが、今回は割愛。

12月に鎌倉の紅葉を見たいと思っていたが叶わなかった。

かわりに近くの公園で撮った、初冬のもみじ(12月19日撮影)



6452


6484h






何故かこんな風景も!




6465h

 

緑色のもみじ。今頃は紅葉しているのだろうか?



今年のブログ更新はこれで最後になります。

仕事が忙しくなると、写真を撮る気持ちの余裕がなくなってしまい、更新が進まないこともままありますが、

来年もがんばりますので、宜しくお願いしますhappy01

2015年11月23日 (月)

森林浴のつもりで

東海道線を下り、熱海を越えて三島に出る。

三島から伊豆箱根鉄道に乗り換え、修善寺駅に着く。


ここからバスで15分ほどで修善寺自然公園「もみじ林」に着いた。

(写真はクリックで拡大)



6133




1haの丘に約1000本のもみじが群生する。

3連休の初日、幸いにも晴れた。でも、まだ色づき始め。



6179h





ネットの情報でも4~5分の紅葉とあった。でも広い場所での森林浴も良いと思った。列車に揺られてプチ旅行気分。







観音堂のそばのもみじ








6105



苔もしっとりとしている。




6150_2






園内の富士見台からは富士山が見えた。








6230_2







ちょっと変わったもみじの木








6247

 

午前10時前に到着したときは空いていたけれど、昼近くなって急に人出が増えた。慌てて退散sweat01




観光バスが何台も止まっていた。

帰りは修善寺温泉駅まで約25分の道のりを歩こうと思った。道端の樹木を撮りながら・・・

2015年6月 6日 (土)

姫川の源流

大町市・白馬村の撮影バス旅行⑤ 最終回  5月3日撮影

(1か月前の写真になります)

川の始まりはどうなっているのだろう?・・・と、

 

子どもの頃から不思議に思っていた。

その疑問を解決してくれた場所の一つ「姫川の源流」

ずいぶん前に訪れたことがある。

(クリックで拡大)


0041



(マクロレンズ)

ここが姫川の始まり。ここから水が湧き出ている↓



0054





この小さな流れがいくつか集まり、河となる。








0033




バイカモの花


0078



カタクリの花が群生していた。








0090



川べりの山桜







0114






1か月余り、お付き合いくださって有難うございましたm(_ _ )m

2015年5月30日 (土)

白馬村、春の花々

そろそろ梅雨の季節ですが、5月2日・3日撮影の

大町市・白馬村撮影バス旅行④ もう少し続きます・・・m(_ _)m

白馬五竜いいもりゲレンデの菜の花

(クリックで拡大)




0151h





いちめんの菜の花






0123






貞麟寺の境内で見た桜





2420









葉桜になった、若い枝垂桜




2383










宿泊した宿の近くにある「落倉自然園」の水芭蕉





9736h







旅行中あちこちで見かけたキクザキイチゲ





9982




マクロレンズ・標準・中望遠の三種類のレンズは重かったsweat01

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ